2016年09月27日

   NPOかず「さかずさの語りべ」 久留里1000年の森

久留里 1000年の森づくり 「かづさの語りべ」 久しぶりにブロブ更新いたします。朝、リンとヒメの散歩道
rinntohime.exblog.jp/ -
知人のブログ開いてみるとかずさの語りべ、の話が載っていました。新聞に載ったので語りべを聞きに来てくれました。キミジィ慌てて森のブログ書くことにしました。久留里1000年の森づくり NPO &蓑会の主催のかずさの語りべ、講演させていただきました。地域の皆様との出会いは桜が咲く季節に初めてお知り合いになりました。


00010001.JPG

久留里の森づくり?私の故郷は横浜です戦後の焼け野原で生まれ育ちました。現在の様に遊ぶ物が豊富にある時代と異なり、当時は遊びと言うと学校から帰るとランドセルを投げ降ろし、近所の悪ガキと家の裏山に上がり、竹や木の枝を弦でからませ、小さな山小屋を作り秘密基地と名付けて戦争ごっこやチャンバラなど夕方遅くまで遊んだ記憶があります。、久留里1000年の森造りは幼子の思い出の続きが原点になるのかも知れません!な〜て話を切り出しました。


リンとヒメの散歩道ブログから写真借りました。
a0207593_0563766.jpg


DSC_0666.JPG


森の彼岸花咲き出しました。昨年球根を移し増やしました。今年は少し範囲を広げて植える計画です。

DSC_0048.JPG


DSC_0071.JPG

2016年08月30日

NPO かずさの語りべ

久留里1000年の森 地域の活性化を図るNPOやご近所の皆様方から、お誘いで、森づくりの話をする事になりました。

DSC_1315.JPG

DSC_1288.JPG

DSC_0666.JPG

DSC_1313.JPG

<
ジャングル状態から12年森づくりの話をする予定です。本来は久留里や向郷の歴史を研究した中からお話したいのですが、時間との関係もあり又の機会に語りべとして登壇したいと思っております。今回の語りべで、嶋子姫と足利一族ゆかりの里について講演なさる方と、ご一緒になるので楽しく拝聴したいと思います。

DSC_1312.JPG

何年か前に丸山町、石堂寺のご住職との御縁で足利一族の歴史にハマリ、嶋子姫を知りました。清和は丸山から近い所にあります。新たな歴史探索楽しみです。いぜんブログで紹介したページを載せました。

(キャッシュ不能の時は 房総半島の島子姫で検索してください)歴史に関心ある方は久留里1000年の森 歴史ページを開いてみてください。

「久留里1000年の森 今年も大河ドラマ里見氏を応援しよう」ページを開いてくださいkururi1000.sblo.jp/category/1108355-1.html?newwindow... - キャッシュ

長女島子、次女、木連川当主となった国朝、頼氏、次女は青岳尼の妹(伯母東慶寺十七 世)に従い尼となり(鎌倉東慶寺十九世)里見義弘 ... 久留里1000年の森では、房総 半島を支配した、久留里城主里見義尭、義弘、親子を主に取り上げ戦国時代の歴史を 紹介しております。 .... 島子姫は豊臣秀吉の側室となって足利家のお家再興を願い出て 古河公方家義氏の娘〈古河公方)と石堂寺に暮らす国朝(小弓公方)に娶 ..

kururi1000.sblo.jp/archives/20100929.html - キャッシュ

房総半島・戦国時代の乱世をこえて安房の長安山に静かにたたずむ多宝塔 ... 島子姫 は豊臣秀吉の側室となって足利家のお家再興を願い出て古河公方家義氏の娘〈古河公 方)と石堂寺に暮らす国朝(小弓公方)に娶らせて、喜連川城主として ..
kururi1000.sblo.jp/archives/20150130.html - キャッシュ

アクアラインのトンネルを過ぎると房総半島、久留里の森まで当時は1時間20分掛かり ました。 ... 足利一族、里見義弘妻の静岳尼、秀吉の側室、島子 里見義頼、義康と足利 頼淳、頼氏、都に居た島子姫の交流など寺にまつある出来事や、 ...

2010年09月22日 -久留里1000年の森 鎌倉東慶寺

kururi1000.sblo.jp/index-56.html
島子姫は豊臣秀吉の側室となって足利家のお家再興を願い出て古河公方家義氏の娘〈 古河公方)と石堂寺に暮らす国朝(小弓公方)に娶らせ ... 此の出来事で房総半島に渡っ た観音様は後に鎌倉の東慶寺に返され、現在でも拝観出来ます。

2016年08月27日

久留里1000年の森 秋の植え替えを控え自然石が森に遣ってきた。

今年も秋の植え替え時期に自然石を使い庭園造りを計画しております。今回も湘南から石が嫁入りです。
造園のプロではないが、石とボケの共演でどの様な庭園が出来るか楽しみです。




今年はこの辺を大きく変えてみたいと思っておりますが、以前造った池が大雨の後など水が満タンに貯まると2メーターを有に超える、遊びに来られた、お子さんなどが池に落ちたら大変な事になります。以前から、池を埋めるか思案しております。一層の事、この辺を大改革しますか?

DSC_1133.JPG


当初は、この辺は桜の木や紅葉などの木を植えたが丘から流れ出る水の被害で壊滅状態になりました。
4年も森で丹精込め育てて、この辺に埋めた木々が枯れた所なんです。それに懲りて、この場所は手付かず状態で、何も考えられませんでした。がクヌギなど植えたら枯れずに済んだので土壌の様子が落ち着いたか秋に紅葉を植えて見るつもりです!


DSC_1136.JPG

石の力を借りて素晴らしい庭園づくり考案したい物ですね!

DSC_1298.JPG

石が落ちる時に割れるので、コンテナ形式の車で運んできてくれるので石は綺麗です。今回の庭石は鎌倉のお屋敷の庭石です。とても高価な石のようです。

DSC_1291.JPG



2016年08月22日

森の野外コンサートに向けての準備


お盆も明けても暑さは一段と厳しさを増す。森から持ち帰った長椅子のケヤキ材を削る作業にかかっております。8月後半は石材が森に届きボケの石垣づくり暫く石との格闘です。この先は夏の雑草退治に備え、アチラ、コチラと頭の中は雑草退治の計画で頭が一杯になります。秋には、ボケの実を収穫したり、ボケの枝の剪定やら紙食い虫の駆除と合わせて梅の枝の剪定作業など目白押しなんです。キミジィとうとう森の椅子作りの仕事を平塚に持ち帰る事になりました。

平塚から友達が石垣づくりの石を届けてくれます。少しづつではありますが、ボケの庭園になってきました。

DSC_1071.JPG

暑い中、ケヤキ材をサンダーで削りだしペーパーで仕上げていきます。この作業はマスクして削るので暑くて大変です。肌をさらすと木屑のカスで肌がカバカバになります。森の中は木陰で作業できるので涼しいが伊勢原の苗場では事務所の中ではホコリが出るし騒音が出るし皆さんから嫌われるし、暑くてたまりません椅子作りは森に限りますね!

DSC_1281.JPG


家まで持ち込み仕上げました。今回は皆さん、から顰蹙を買ってしまいましたが終われば良しとします。(笑)これから椅子作りは森に限りますね!音が出ても、誇りが出ても苦情ないしね!野外コンサート迄に長椅子間に合わせますよ八分音符(笑)


DSC_1279.JPG





2016年08月20日

久留里1000年の森に野外の仮設 弓道道場

久留里の森に仮設の野外弓道場づくり、朝から孫の監督でユンボに跨り道場作り
(1)弓が刺さる土壌作り(2)◎的まで28メーター距離の確保(3)的まで凸凹しない道
こんな注文でした、弓道道場は蝶舞谷の中腹のイノシシ捕獲場の隣にしました。この場所は夏場は2時過ぎまで日陰で谷からの吹き上がる涼しい風が吹き渡る場所で土手までの距離も30メーターは超える場所もあるので以前より、この場所と決めていました。


DSC_1180.JPG

DSC_1186.JPG

道場は出来上がり練習開始 野外の大自然に出来た道場喜んでもらいました。ヤッタネ!

DSC_1192.JPG

昼食も早々に練習開始です。弓道道場気に入ったようです!この場所も今年、完成しました。森の中では一番涼しい場所です。もう少し休んでいけばいいのにね?森に遊びに来られる皆さんも自然のクーラーで、涼しくて最高の場所とお褒めいただく場所なんです。

DSC_1243.JPG

的から30メーター離れて撃ちます見事的中です。オリンピックに弓道あるといいね!

DSC_1203.JPG

DSC_1210.JPG

夜はキミジィ家族が揃ってワイワイガヤガヤ、夜遅くまで、バーベキューや恒例の花火で楽しいひと時を過ごしました。キミジィは酔ってハンモックに横になり夜空を眺めたが生憎の曇り空で星空は眺めませんでした。

DSC_1278.JPG

2016年08月19日

久留里1000年の森 幻想ざくら周辺の整備

今年はメーさんご夫婦や富弘美術館を囲む会の応援もあり、ボケ庭園の草退治が進み例年になく少々余裕が出来たので、幻想ザクラ周囲の雑草退治に掛かれました。毎年桜の周りも、草がぼうぼうで大変です。今年は大工さんも草刈作業に参加していただき助かりまいた。最近は一人で作る森づくり看板下ろすようになってしまいそうです。


DSC_1166.JPG



草刈整備前は、こんなジャングルなんです。背丈を超えた雑草が鉄人街道を阻みます。現在は獣道イノシシの縄張りになっております。草刈も進み、幻想ざくらの看板が見えてきました。まだ鉄人街道の看板は雑草の中に隠れて見えません

DSC_1240.JPG

ユンボと草刈機で格闘して幻想ざくら周囲の整備が完了です。鉄人街道も獣道から人の通行出来る道に変わりました。蝶舞谷女坂にもスムーズに交通できる様になりました。

DSC_1255.JPG

東京から孫がやってきました。今年もハンモックの森に生まれ変わります。ワイワイガヤガヤ楽しい森に変わります。

DSC_1177.JPG


DSC_1169.JPG


キミジィも草苅の合間に、飛び入り参加で仲間入りです。ハモックは涼しいし寝ちゃいますよ!!孫に囲まれ楽しいひと時でした。


DSC_1247.JPG











2016年08月10日

久留里1000年の森 草退治

久留里の森 雑草一掃 大作戦

明日は応援団が森にいらっしゃるので、朝から裏門付近を草取りしたり、門扉をお化粧、10年近くペンキ塗り替え無し、以前から気がかりだった塗装をしました。皆さん気づきましたか?

DSC_1128.JPG

森づくり、瑠璃の丘、裏の森、以前は市道も夏場でも道路は整備され車は通行出来ていたが、最近は村の往来に道が使われなくなったか?現在は道路がイノシシのヌタ場となってしまいました。春には竹林が有り筍刈りしに来ていたが、今は人が踏み込まないジャングル状態であります。キミジィの森づくり、毎年クヌギ林の整備は8月上旬としている、それを超えてしまうと雑草の花は咲き、種となり溢れてしまう!来年大変です。今年は例年より早く雑草退治が終わり気分は爽快です。市道は写真の左側です。私道は綺麗に整備してあります。ヤッタネ!!

DSC_1157.JPG


森に訪ねてくる人は、ここまでは足を踏み込みません!普段は3mを超える雑草林で人は入れません、そうですイノシシの縄張りですからね!!君津市の道路は4メートルを超えてしまってます。獣道になってます。

DSC_1156.JPG

今日は、向郷の会や富弘美術館を囲む会サークルの皆さん始め、ご近所の仲良しのメーさんご夫婦が駆けつけ先週に続き草取り、草刈応援団が暑さにもめげず、草刈り機隊と草むしり隊と二手に分かれて、大汗を流してくださいました。

DSC_1158.JPG


夕方から山小屋のウットデッキで涼しい風に癒され、皆さんが持ち寄りしてくださいました料理を囲み楽しい夕餉のひと時を過ごしました。森の停留場オーナー、美智子班長、メーさんご夫婦さん 夜更けまで、食器の片付けから、酔っぱらいの送り迎えまで、お世話になりました。叉応援にお越しくださいました。諸先生方、遅くまでお付き合い下さいまして、ありがとうございました。感謝の一日でした。



DSC_0665.JPG

2016年08月03日

富弘美術館を囲む会君津支部 菜の花 皆さんが久留里1000年の森づくり、雑草退治、支援してくださいました。

DSC_1078.JPG

久留里1000年の森づくり応援してくれる森の仲間、鉄人さんが体を壊してお休み中、新たな森の支援者が雑草退治に来てくれました。ここ数日、猛威を振って育つ雑草を見かねて、大工さんご夫婦が危険な森の崖を草刈り作業、ボランテヤで応援してくれたり、ご近所のヤギをペットで飼っているメ〜さんご夫婦が二日間、暑い炎天下の中を草むしり、この日は富弘美術館を囲む会、君津支部長 渡辺さん始めサークルの皆さんとメ〜さんご夫婦も合流してボケの生垣を草むしり、夕方まで、皆さん大汗を流し頑張っていただきました。皆さんの暖かい応援に支えられる、感謝する一日でした。

DSC_1079.JPG



皆さん、この時期は、ご自分の家の庭や畑の雑草退治も大変なのに心より感謝いたします。正直言うと毎年入梅明ける、この時期は雑草との闘い、猪に植木場を荒らされ悲惨な惨状に出会い、ショックで、毎年精神的にも心が折れる時期でもあります。こんな時期に暖かい皆さんからの応援をいただき、森づくりを続ける勇気をいただきました。

DSC_0949.JPG


猪のミミズ捜しは昨日掘り起た根の回りを今日も掘り起こす。この時期に掘り起こされた根は放置すると枯れてしまう、枯れたボケを見ると、ショックで愕然としてしまう、毎年の事ですが悔しくて辛いです!猪は憎いが猪豚にして放した人間を恨むしかありません今年は三回も同じ所を荒らされました。猪にとって、森は餌不足のようですね!

DSC_0995.JPG

2016年07月28日

久留里1000年の森 ボケの生け垣に石積み

友達が石を届けてくれたので、雑草退治を兼ねて石積みです。本来は秋の苗木移動の時に石積みを兼ねて行いますが、今回は早めの作業に変えました。不思議と自然石とボケの花は似合います。来年はボケのジャングルも少しは庭園らしく格好が付いていきます。

DSC_1075.JPG

生垣の石の交換、新たに森に運び込まれた石の形で、従来の生垣石より、格好のいい石が運ばれて来ると、今まで据えて在った、石を移動して積み替えます。ユンボで石を移動すると車輪で足元の草退治も同時に行えます。道に生えた草も綺麗になりました。ヤッタネ

DSC_1072.JPG

植木場、角の石は形の良い石が来る度に交換します。庭園全体の石積みが終わるのは何年先になるか?今年も8月に新たな石が運ばれてくる予定です。早く完成させたいですね

DSC_1071.JPG

庭園づくりはまだ先が見えない状態です.頭の中の設計図が時々変わるので何時、完成になるか?秋には山吹の回廊の植え替え作業やアジサイの植え替え計画、冬場にはボケの生垣に土の運搬などと合わせ生垣づくり、まだまだ先が見えません(笑)

DSC_1076.JPG

山小屋づくりに力を注いで森づくり二〜三年サボってしまったので、足ふみ状態です。それでも樹木は、すくすくと成長して花を咲かせ、実を着け、皆さんを楽しませてくれる様になりました。植物は期待に応じ真面目に森造りしてくれています(笑)

DSC_1073.JPG

10月初めにボケの実の収穫や山吹回廊の延伸計画があります。森を守る会の皆様奮って参加下さい!お待ちしております。(笑)






2016年07月27日

久留里1000年の森は雑草との闘い

森は草と戦いです入梅の長雨に育った雑草は凄い勢いで伸びる、人の丈を等に超えている。森に植えた萩の花が咲きだす季節まで瑠璃の丘の草退治です。

DSC_1078.JPG

DSC_1077.JPG

先週に続き瑠璃の丘の整備が始まりました。鉄人さんが植えた水芙蓉40本の周りもイノシシが荒らすので草刈機で手入れをしました。何時かは芙蓉も大きく育ち、皆さんを楽しませてくれるでしょう楽しみですね!

DSC_1079.JPG

道路の草も綺麗にユンボで清掃して雑草退治したが半月位、草退治持ちますか?この時期は二〜三日で草が生えるので大変な作業です。

DSC_1066.JPG

ボケ園の周り周遊道路の全体を2日がかりで整備しました。来週来る頃には草が生えているでしょう!!DSC_1097.JPG

ボケの生垣の中も1か月前にボランテヤの皆さんが草むしりしてくれましたが!既に草ボウボウです。来週は気合を入れて草退治する計画です。手が空いてる皆さん草むしり参加ください!(笑)

DSC_1064.JPG

来週は瑠璃の丘側面を草退治です。奥にはイノシシのヌタバが何か所もある危険な所なんです。昼間から、この奥はイノシシがウロウロしているからね!昨日森に遊びに来た人が奥まで足を延ばし慌てて引き返しました。大きなイノシシと遭遇したそうです。昼間なのにヤバいよね!

DSC_1103.JPG