2016年12月14日

池が車寄広場に変身


当初は池の周りに柵を作るか検討したが、おもいきって埋める事にしました。森には池が無くなりました。幅8メーター長さ35メーター、水深2メーターで親が目を離しているうちに、子供が落ちたら大変です。残念だが埋める事にしました。工事は3か月掛かりました。何匹か鯉と金魚を放していたが夏の日照りの度に池から姿を消しましたが誰かが入れただろうドジョウが取れました。不思議ですね!池を知る人は勿体無いと言いますが事故が起きてからでは手遅れですからね!本当は一番残念なのはキミジィかも知れませんね!


IMG_20150604_175119.jpg

DSC_0478.JPG

今回大活躍したのは二年前に中古で購入したユンボです。森づくりには欠かせぬ機械ですね!森づくり12年間で4代目のユンボです。今年はとうとう初代のミニユンボ壊れてしまいました。


DSC_0487.JPG


今年から仲間入りした軽の四駆ダンプ最初は雑草抜いた処理や剪定の残物処理に一輪車代わりに使う為に購入したが、軽なんてと思っていたが馬鹿に出来ません!反省ですもう少しマシなダンプが欲しくなりました。今回これがなけ業者頼むようでした。因みにこのダンプ21年前の車ですよ!凄い老体です。(笑)


DSC_0496.JPG


路上は違反となるが森では法規はありません!残土1トン位は楽々運びます。二トンダンプを購入するか考えていましたが、これから造るボケの生垣づくりには小回りが効くし軽の四駆ダンプ抜群です!二トンは辞めて正解です!


DSC_0296.JPG

2016年12月13日

車寄せ広場の先が見えてきました。

久留里1000年の森も池が埋まり車寄広場の全容が見えてきました。この場所にはボケの生垣二か所に池などがありましたが取り除き広場に造りかえました。同時に周囲の生垣造りにも手を加えました。広場には排す路を確保して水はけが良くなるように整備もしました。


DSC_0487.JPG

今回の広場づくりで活躍してくれた四駆の軽ダンプ機嫌が悪くなるとストライキを起こすが!仕方ないですね積載500キロなのに2トン近く積んで走るのでエンコするのは当然です。この日は石運びしてくれました。一度もストライキなしで走行してくれました。

DSC_0497.JPG

広場の所々に排水路を確保しました。丘からの絞り水が流れてくるので排水は特に気を使います。

DSC_0478.JPG

丘の石積ですが池に使った大きな石は2トン超える石を使いました。ここまで運んでくるのも大変でした。雨を利用して地面を滑らしやっと、ここまで運び増したが此れから坂を上げて据え付けです。一つの石を据えるのに2時間もかかりました。

DSC_0480.JPG


キミジィはユンボで一人で奮闘して石を積んだが?昔の人は何人がかりでこんな石を運んだのでしょう?家畜の力など借りたのでしょうね!昔の人は知恵があったのでしょうね!石積み苦戦をしております。皆さん森に来たときどの様に据えたか?考えてください?

DSC_0479.JPG

2016年12月08日

久留里1000年の森は、紅葉の季節から寒ボケの花が咲きだしました。

森は紅葉の季節も終わり、寒ボケが咲く季節に入りました。

DSC_0476.JPG

モミジの絨毯が布かれたみたいです。冬の訪れがやってきます。

DSC_0431.JPG

今年の寒ボケ(黒潮)深紅の花が咲きだしました。毎年正月には沢山咲いてくれます。花の少ない季節に咲くボケの花貴重ですね!みなさが褒めてくれるボケの花です。綺麗ですよ!

DSC_0427.JPG

一つの枝から繋がるように咲いてくれました。深紅の寒ボケです。

DSC_0426.JPG


車寄せ広場から新たに石の生け垣を造り春の花見に備えて頑張っております。広場づくりや生け垣づくり一人作業はなかなか進みませんが、体と相談しながら作業をしております。

DSC_0434 (1).JPG

機嫌が良いと大活躍してくれるのですが?今回も沢山積んだからご機嫌斜めで動きません!ポンコツダンプはだめですね!キミジィの身体もボロボロ!ダンプもポンコツ!来週の作業で帰ることにしました。

DSC_0433.JPG

2016年12月07日

木枯らしが舞う冬の訪れ

森もいよいよ冬の訪れですね!蝶舞谷の暗い谷から、吹き上がる風に乗って木の葉がキラキラ金色に輝く、蝶が光に照らされ、飛び交う様な景色は素晴らしい、思わず写真を撮りに戻って来たら、そこには蝶の姿がありませんでしたまるで幻想的な出会いでした。

DSC_0441.JPG

森の紅葉 山小屋が黄金色に染まります。例年には見られない色に染まりました。



DSC_0453.JPG

DSC_0459.JPG

森の木の葉が落ちると冬の訪れです。今年はドングリが不作の様です。イノシシも餌がなく植え木も荒らされ放題です。イノシシもタケノコができる時期まで大変ですね!



DSC_0472.JPG

黄色い葉が落ちると蝋梅の花の季節です。森も蝋梅の香りが漂う季節までもう少しですね!


DSC_0468.JPG

2016年12月03日

森に広場がやって来た。

瑠璃の丘より流れる雨水を排水管で流す事が出来ました。溜枡に溜まった水が排水管を伝わり森の本管に排水路を繋ぐ事に成功しました。この日も途中で雨に会い大変でした。


DSC_0366.JPG


中間で溜枡を設置して雨天対策が出来るようになりました。山は大雨が降るので雨対策は欠かせません!

DSC_0361.JPG

工事中に何回も雨に会い広場はグチャグヤ状態です。秋の長雨や先週の雪に路盤は最悪です!


DSC_0409.JPG


広場を作ると同時に余った土とボケの苗木を移転するのも同時進行です。泥だらけの挑戦で植え終わりました。この場所はアジサイとボケが混在して植えてありました。アジサイは丘に植え替えました。

DSC_0402.JPG

広場の全景が見えて来ました。春まで路盤が固まるといいですね!雨降って地固まるといいますが暫く雨が降らないことを期待します。


DSC_0392.JPG

真夏には雑草退治が大変そうです。草刈りも広いので大変そうですね!


DSC_0389.JPG

2016年12月02日

久留里の喫茶店 ティールームエリーさんに差し入れのお礼に秋を持ってお邪魔しました。

森の紅葉が始まりました。車寄せ広場づくりの合間に紅葉が綺麗なのでパチリ撮りました。
今年の紅葉は雪の降るのが早かった事もあり色づきが今一でした。


DSC_0358.JPG

先週降った雪の重みでしょう?モミジの枝が多く折れていたので、雪が多く振ったようです。大事にしていたブラジル松の先端が折れてしまって残念です。暖かい所で育だつ植物なので雪の重みで折れたのでしょう!


暖かい温暖の地方で生息する南洋で育つ松さぞかし雪には驚いたでしょう!

DSC_0422.JPG

木の先端が無残に折れてしまいました。森に遊びに来る、皆さんが珍しい樹木と眺めていましたが残念です!

DSC_0423.JPG

DSC_0355.JPG

冬の訪れですね!暫くウッドデッキは寒いので春の花見までお休みです。森も寒さが一層う厳しくなります!

DSC_0350.JPG

山小屋も冬の訪れです。蝋梅や寒木瓜が咲くまで暫く花が無く淋しくなります。


DSC_0354.JPG


久留里の喫茶店!ティールームエリーさんが先週富弘美術館を囲む会の皆さまが、山吹の植変えの際に差し入れ下さったので、お礼に紅葉を持ってお邪魔しました。すぐに森を飾ってくれました。素敵な、お店の魅力がいっそう引き立ちました。お客様、秋色を楽しんでくれると良いですね!


DSC_0420.JPG

DSC_0419.JPG






2016年11月24日

久留里1000年の森 大池を埋める事ができました。

池の水をポンプで汲出し、排水路に水を流して、埋め立てる計画で平塚からポンプを持ち込み配線を繋いだが作動しないので、お手上げです。付近のホームセンターで急遽ポンプを購入して再度、挑戦しました。池の水を取り除かないと、埋め立てができません、バタバタしたが何とか水をくみ出し、軽ダンプで土を運びやっと池が埋まりました。


DSC_0303.JPG

ポンコツ軽ダンプですが、四駆なので悪路を平気で運搬してくれました。ユンボに乗ったりダンプに乗ったりしながら半日かかって池を埋めました。

DSC_0299.JPG


何年掛かったか?今まで造ったボケの植え込みや池を埋め戻して整理しました。丘にはメーさん始め、みの会の人が菜の花の種を撒いてくれました。丘の斜面にはクヌギやアジサイを埋め込みました。この辺りは丘の上に降った雨が流れ混んで普段でも地面がグチャクチャ状態です。今回は根本的に路盤や排水経路をやり直す計画です。

DSC_0348.JPG

花の咲く時期には車寄を完成したいですね!花見に来る人は車で来るので広場が欲しいです。娘の家のワンちゃんも喜ぶでしょう!ドックランにも使えますね!


DSC_0344.JPG


2016年11月23日

富弘美術館を囲む会の皆さんが 山吹回廊の延伸を手伝っていただきました。感謝の一日でした。

富弘美術館を囲む会の菜の花、皆さんが朝から山吹の植え替えに参加してくれました。応援隊は支部長始め20名が参加くださいました。小さな、お子さんも小さなスコップ片手に頑張ってくれました。子供がいると和みますね!!花の季節のお花見には来てもらいたいですね!

DSC_0323.JPG


山小屋から幻想桜付近まで500メーター以上の坂道に山吹を移植しました、ワイワイガヤガヤ楽しそうに植え付けております。昼までに幻想桜まで植え込み到達、やはり人数が多いので早いですね!天候にも恵まれ素晴らしい日になりました。

DSC_0326.JPG

昼は楽しい芋煮会です。今回の炊き込みご飯は音楽ホールのオーナーさんが釜戸で炊き込みご飯を炊いて、森まで持ち込んでくれました。皆さん美味しいの連発でした。今回は野菜や果物、漬物など皆さんが持ち込んでくれました。語り部仲間のエリーさんからも差し入れ頂ました。皆様に感謝の一日でした。

DSC_0339.JPG

皆様には花の季節にお花見にも是非参加していただきたいですね!来年は山吹が咲いてくれますか?楽しみですね!山吹は2〜3年は雑草の下刈りが必要ですが三年もすると雑草にも負けずに見事に咲いてくれます。楽しみにしてください。

DSC_0341.JPG

花より団子皆さん楽しんでいただきました。今回はキミジィの段取りが悪く皆様には大変迷惑をおかけしました。これに懲りずに先のイベントにもご参加くださいね!花の咲く季節が楽しみですね!今年はみの会の皆様に協力頂き菜の花を瑠璃の丘全体に種を撒きました。花の時期は解りませんが楽しみにしてください。


DSC_0336.JPG

2016年11月15日

森の池を無くして大雨の被害が起きました。


9月の久留里NPOかずさの語りべのアンケートを拝見していたらブログのお友達がご夫婦で来てくれていました。お顔を拝見していないので挨拶も出来ず失礼してしまいました。久留里で何やら古民家を改装して居るとの話で何回か足を運びましたが、残念だが未だに分かりません。森に向かう度にユンボの軽油を雨城橋を渡り、久留里の町まで買いに行くが分かりません!藤沢から森に通っていると聞いて一度はお逢いしたいと思っております。ブログみたらコメント下さいますようお願いします。語り部の参加ありがとうございました。



雨が降る朝に森に到着し森を見回ると大変な事が起きていました。森の中の庭園も大雨が降っても水の流も順調でありましたが、池を無くした事で水路が狭まり大雨が降った様で、丘から流れる出る大水が溢れ返りました。新たに水路を作らないと大変です。

DSC_0252.JPG

丘から流れる水は従来は池の中に流れていましたが池を無くした事で大水になったようです!丘の水は別系統で排水路を作らなければ行けなくなりました。計画変更です。

DSC_0240.JPG

池を埋める前に池に水が溜り埋め立てが出来ない状態です。次回の作業は、発電機と水中ポンプが必要になりました。まずは池を埋める事が先決です!早く埋めてしまわないと丘からの別回路の排水工事ができません!

DSC_0268.JPG

やはり大雨は危険ですね山小屋方面から流れる水は計画道理に溜枡に水が掃ける感じになっております。それにしても凄い雨のようです。山の雨は凄いですね!

DSC_0258.JPG

2016年11月08日

久留里1000年の森 池の周囲の整備

一人で森づくりしてから12年経過したが、振り返ってみると池づくりの様に完成してから壊したり樹木を植え替えたり、思い付きだけで森に絵を描いて来たので無駄が多くありました。それでも立ち止まらず、少しづづではありますが、森づくり進めてきました。何しろ森をキャンバス代わりに絵を描いているので修正は大変なんです。(笑)

DSC_0220.JPG

今回の池を壊して池から大きな石を取り出し移動するのに一苦労しました。以前池を作った時は大型のユンボが会ったので容易に石が動いたが今回使用しているユンボは小型なので苦労しております。池に囲んであった大きな石は50個ほどありました。石は移動して植木の生け垣や丘の土留めに利用しました。


DSC_0206.JPG

最後に残った石は地面に張り付き動きませんチビユンボでは無理かも知れませんね!何とかしたいが取り出すときは雨が降っていたので石が地面の上を滑り動いてくれたのですが、今回は頑として動きません!何トン有りますかね!重い


DSC_0222.JPG