2012年06月07日

久留里の森にアジサイが咲くシーズンが訪れました。

久留里1000年の森に梅狩りやアジサイが咲く季節が遣って来ました。

sPICT0115.jpg
sPICT0101.jpg



奥が深い石・・・自然石を生かす石積みしよう!!

自然石の石積みは座りのいい石や大小に異なる石や形の良い石、悪い石など、組み立て石をならべ綺麗に庭園らしく造りますが、石が生きていません納得いくまで遣り直します。ここの石も今一です遣り直しですネ!!

P1060488.JPG



植え込みの角に石を置きました。チョト腰かけになると思い置いて見ました。車がぶつからなければ良いのですが!!

P1060494.JPG


植え込みが狭いのか、写真で見た石の感じが、気に入りません。ここも手直しが必要です。遣り直す所が多くなって大変です。少し時間をおいて直す事にします。

P1060490.JPG


入梅の前にボケに肥料を与えたいのですが、時間があるか!!石積み早くしないと間に合いませんネ!

P1060493.JPG


中央広場の駐車場です。正門から入りこの辺りに車を止め森を探索して貰います。向かって右側にシ―トで覆われた物は山小屋の材料です。

P1060476.JPG
中央広場、第一駐車です。何台止める事が出来ますか!!森造りはまだ、これからです。

P1060479.JPG

2011年06月29日

子供たちが楽しむ、芝の滑り台を高台より出来る様に土壌改良工事に挑戦

久留里1000年の森

瑠璃の丘を芝を張って改良してお子さんが喜ぶ芝スキーが出来る坂造りに挑戦します。図面の無い芝スキー場は今後試行錯誤しながら作られると思います。


森に入りビックリ、この前咲いた河津桜が又もや花が咲きだした。
aaP1040306.jpg


前回紹介した、世界一ボケの実が一個無くなっていました。残念です!!此の先どこまで育つか楽しみです。

aaP1040308.jpg

今回は瑠璃の丘、改良工事です。前回撒いた芝はあまり芽がでず傾斜地にまいた芝は失敗に終わりました。そして傾斜地下のアジサイもほとんどが根ぐされして枯れてしまいました。傾斜地下の土改良と水はけ対策を考えないと木々が枯れて、しまうので早く対策を立てないと桜の木が全部枯れてしまいそう!!
P1040147.JPG

aaP1040294.jpg

今回の工事は雨が降らない日を選び3日間の計画を立て芝スキーの坂造りに来ました。
最終日は夏の太陽が照り付け暑さは厳しく種蒔き途中で大汗を流し熱中症を起こさぬよう思い切って、中止しました。今日は早めに止めて又の機会にしました。


森には水を撒く人がいないので雨任せで入梅時が芝の種まきはチャンス明日雨予想は雨だが?
aaP1040334.jpg


今日お友達がブロクを見て来たよ〜・・・・梅狩りに来たと言って尋ねて来ました。


残念でした。昨日でおしまいです。せっかく遠方から訪ねてきたので、森の中を飛び回り、なんとか梅狩りに付き合いました。暑い中ご苦労様でした。ブログを見た人もう梅は終わりましたよ〜!!

ssP1040025.jpg

2011年06月28日

久留里の森はアジサイと梅狩りが一番のシーズンを迎えました。

久留里の森にもアジサイの花や梅の実が収穫時期を迎えました


森は今がアジサイの花が一番綺麗に咲くシーズンです。5年前に植えたアジサイが大きく育ち綺麗な花を付け歓迎してくれます。

P1040288.JPG


ssP1040318.jpg


今年植えたアジサイ苗も花を付け元気に迎えてくれました。
ssP1040248.jpg

ssP1040246.jpg

ssP1040242.jpg

ssP1040247.jpg

昨年植えたアジサイはもうこんなに大きくなりました。
ssP1040267.jpg

アジサイ木陰の中で涼しげに清楚に咲く花aaP1040263.jpg


久留里1000年の森入口に別荘をお持ちの巨田さんが梅狩りに来られました。沢山取れた様でニコニコ顔でした。巨田さん夫妻は週末久留里に来られ、畑づくりの土壌改良や野菜ずくりに励まれ週末農業生活を楽しまれております。
ssP1040310.jpg


バケツ二杯に籠の中も沢山の梅の実を収穫出来ました。
ssP1040316.jpg


巨田さんお持ちの別荘、農園には様々な夏野菜が植えられて週末は御夫婦で楽しそうに過ごされています。

この建物先に久留里1000年の森があります。
ssP1040328.jpg



2011年06月24日

雨上がり久留里の森に遣って来ました。

今年も暑い真夏が久留里の森にも遣って来た。


先週アジサイの植え替えの最中に気になり次週の作業は背丈が高く丈夫そうな雑草取り、景観も悪いので、夏がくる前に雑草退治を計画しました。傾斜地まで雑草がおい茂り取り覗くのは大変でした。後は傾斜地に芝の種を撒き仕上げ、平の所にはクローバの種を撒きをして作業を終了しました。

ssP1040143.jpg

今日まで比較的気温が上がらず穏やかな日々が続いたが、今日は一変して気温が上昇、朝から太陽がギラギラ照り返し、久しぶりの真夏の気温で熱射病に注意!水をガブガブ飲みながら木陰に入り休みながらの作業でした。これからの夏の暑さは大変ですね〜今日は早めに上がりビールでも飲み温泉に浸かりますか!!

夏は木陰で休みましょう熱射病に注意が必要ですよ〜・・・・この場所にもクローバを撒いて見ました。〜

ssP1040153.jpg

今日は疲れたので温泉に浸かり早めに休みたいと思います。

ssP1030714.jpg



今日は先週広げた広場が水に流され壊れてしまいました。ただの坂造りでは雨が降るたびに坂が流されるので階段造りをする計画に変更して階段造りの石運びをする事にしました。
ssP1040038.jpg

ここに有る石は東京や神奈川に住む有名人の邸宅に有った石や平塚市で集めた石でトレーラーで何十台かの石を久留里の森に運びました。石は水処理や土斜くづれ防止に役立ち景観にも最適であります。都会では石は土地面積の関係上使われ無くなりましたね!!

ssP1040019.jpg


この場所は車の駐車場に計画したが石に占領されて石置き場になっています。石置き場には去年に伊勢原の苗場から植樹したアジサイの花が綺麗に咲いていました。

ssP1040035.jpg
ssP1040032.jpg

2011年06月18日

玉縄桜をひろめる会増田さんから頂いた桜が順調に久留里の森で育っています。




玉縄桜を大好きな皆さん見て戴いていますか!!


久留里の森に鎌倉からお嫁に来た玉縄桜が元気いっぱいに成長しています、この地域では戦国時代に向郷合戦など鎌倉の玉縄城から北条綱成が里見義尭と戦った地域であります

玉縄桜は実生から育てた苗が久留里で育ち、もう一本は接ぎ木の桜は平塚で管理しております。桜は二メートルを超え成長は目覚ましく順調に育っています。

bbP1040190.jpg

久留里の森は梅狩りのシーズンを迎え作業の合間に梅を収穫しました。

bbP1040185.jpg


誰も取りに来ないので梅の木にはまだまだ梅の実が沢山実のっています。

20分くらいで5キロの梅が取れました。

bbP1040184.jpg

これから秋に向かい楽しみな、ボケの実収穫期になります。ボケのリキュール酒は疲労回復と本当に美味な、お酒ですよ〜 

bbP1040053.jpg


今年も大量に収穫が期待できそうです。

bbP1040054.jpg


先週紹介した世界一大きくなるボケの実が順調に育っています。どのくらい大きく成るか楽しみです。

bbP1040049.jpg


竿健さん今年は丹波の栗が戴けるかもしれませんね〜 秋の実りを期待してます!!


bbP1040188.jpg

2011年06月17日

久留里1000年の森、見周り

久留里1000年の森

入梅時期に入り初めて森全体を見周りました。久留里の森は当初から崖の傾斜がきつく絶えず崖崩れが新発していました。森に隣接する地域の皆様から理解を戴き、地元土建業者の(支援隊長)協力で土盛りして傾斜地を安定させて、安全を県に確認して戴き、そのあとキミジィが森造りを一人で挑戦しています。

saP1030991.jpg



正面に見える、小高い山も久留里1000年の森です。傾斜地にに枯れた植物は菜の花です。
春先は菜の花が咲いて綺麗ですが、現在の枯れた姿は見られませんね!


bbP1040095.jpg


この場所は上から直ぐ下の広場になっています。皆さんが上から見てドックランにしたらとよく言います。都会と違うのでどうかしらね?

bbP1040120.jpg


この場所は上から二番目の広場です。大雨が降った跡などで水たまりが多くありました。

bbP1040110.jpg
bbP1040113.jpg


この場所は雨が降ったあとで田んぼ状態でした、依然はここは田んぼでした。ここでは栗畑にする計画です。この先に見える森も久留里1000年の森、敷地になっています。


キミジィいつになったら完成するのでしょうか?・・・頑張らないといけません!

bbP1040108.jpg


アジサイの植え替えを終了させて先週作った通路の手直しや中央広場と共通な休憩広場を完成させて芝の種やクローバの種を撒いて来ました。今回も二日間の作業でした。

bbP1040194.jpg


アジサイや桜の花咲く所を広場と一体感をもたせる広場を作りました。

bbP1040176.jpg


完成してから種まき空を見るといつの間にやら大粒の雨が降って来ました。今日はここまで帰路に着きます。

bbP1040200.jpg


2011年06月16日

入梅の久留里を見周りに行って来ました。 久留里ではクローバが迎えてくれました。

久留里の森に行って来ました。森に入り初めて気が付いたのは、先週門に撒いたクローバがなんと青々と種が芽吹いて迎えてくれました。

saP1030967.jpg


アジサイが綺麗に咲いています。今回は前回残したアジサイの植え替えが主体の作業です。
saP1030999.jpg

saP1040014.jpg



作業を中断して見回り、森の中はこのシーズンは森の見周りは欠かせない様になります。雨の対策や植木など障害対策に確認はかかせません。此の山吹も階段を上がるのに邪魔になりました。秋に植え変えましょう!

saP1030978.jpg


アジサイが大きくなりすぎですね!!花もあまり咲きそうにありません。向かって左の木は桜の木借り植えで6年も経ちました。

saP1030989.jpg


桜木の奥もまだ手が付いていません此の奥の森全体も
久留里1000年の森、敷地になっています。この奥は自然に生息した樹木を大事に整備し自然林や野山に咲く草花を眺めて巡る森にしたいと思います。来援された皆様が自然の森に触れて頂きたいと考えています。


saP1030984.jpg




アジサイがまるで水風呂に浸かってるいるようになっていました。悔ししい本当に水はけが悪いです。

saP1040089.jpg



前回埋めなをしたアジサイ、根ぐされを防ぐ為少々土を盛り上げて植え返しました。

saP1040172.jpg

今回もアジサイの植え替え作業です。苗は生き返るか心配になっています?

asP1040136.jpg



植え替えはどこでも根ぐされしない場所に移動、こんな場所にも植えかえました。排水路があるので此の場所でもいいとしました。


saP1040141.jpg

2011年06月10日

クローバの種を撒いた森に遣って来ました。

長雨が続くと森は嫌な出事ことが頻発して起きます。    
入梅シーズンを迎えて、水の流れが悪い場所に植えたアジサイの苗が元気に育っているか?

心配は的中しておりました。地面が水分を多く含み根腐れして枯れかかっておりました。丹精込めて育てたアジサイの苗などで全部、他の場所に移動する事にしました。
このような作業は本当に疲れると共に一人では大変です!!



移動した苗は100本を超えました。ガッカリ!残りは土壌改良してから植え替えする予定で次回にまわして帰宅しました。
sP1030637.jpg




先週撒いたクローバの種が元気に育っていました。葉が良く見る雑草のようです。クローバだろうな〜?


クローバは江戸時代にオランダからガラス製品や陶器類を保護するために、梱包材として用いられ箱の中にクッションの役に乾燥させたて詰められたクローバでした。一番初めに詰められ送られたのは1846年のことのようです。
☆箱詰められた草だから、日本ではツメグサと呼ばれるようになったようです。



P1030908.JPG




この場所は雨に寄った水の被害は少なく撒いた種が元気に育っております。これで何処まで雑草退治が出来るか様子を見る事にしました。

P1030911.JPG




この場所は上から流れる水を計算に入れないで撒き失敗しました。又対策を講じて緑のクローバ絨毯を考えて見たいです。
P1030910.JPG





ボケの花周囲をクローバで囲み雑草取りの手間を省けるか実験です。サーアーどうなるかお楽しみです。


P1030914.JPG




この場所は通路に撒いた種は水に流され離れた場所に芽吹いておりました。こうした事も遣って見ての経験でね。失敗は成功のもとですから?

P1030909.JPG





腰かけ石の周辺をクローバの種を少々撒いて休む所の雰囲気を眺めてみました。後は芝にするかどうするか?思案して要るところです。ここでもだいぶ種が水に流されました。
 
この先、開園時に皆様がこの場所で、楽しく歓談したりお弁当を食べたりする姿を見られるのも、すこしです。楽しみに森造りをしていますよ〜

P1030913.JPG


2011年06月07日

伊勢原の苗場近くのあやめ里に見学に行って来ました。

伊勢原のあやめ里
あやめの里は、昭和60年に国の水田転作(減反政策)の一環として米作に変えて花ショウブ苗を栽培し、観光農業の推進を図る目的で始めたようです。
 
アヤメ科には、カキツバタ、アイリス、ハナショウブ等多数の品種があり、サトイモ科の香があるショウブも有るそうです。そうした花々をまとめて、あやめの里と名付けたようです

 花ショウブは、アヤメ科アヤメ属の多年草のハナショウブを原種とした園芸品種で、江戸系・肥後系・伊勢系・外国系があるそううで、花ショウブだけでも現在三千数百種以上植えられているそうで花が咲き乱れる季節は大勢の見物客が来られるそうです。皆さんも機会を見てお越しになってはいかがですか!

あやめの里は、約1.3ヘクタールの面責の中に、五百種・約二万株(三十万本)の花ショウブが栽培されているようです。
 

あやめの里に見学に行って来ました。アヤメは咲きだし始めて間もないようで少々淋しいですが、花は可憐な姿を見せてくれました

asP1030875.jpg


色とりどりの花が咲き乱れて綺麗でした
asP1030877.jpg

あやめの里には近所農家の皆さんが、野菜の直売店など出店してにぎわいを見せていました。
asP1030876.jpg

白い花は清楚で本当に綺麗でした。

asP1030863.jpg


あやめの里には、カメラマンがたくさん繰り出して、思いおもいに気に行った可憐に咲く花をカメラに収めていました。

ご紹介する花は、まだまだ卓さんありますが、その中の一部をご覧ください。
asP1030868.jpg
asP1030872.jpg
asP1030873.jpg
asP1030905.jpg
asP1030859.jpg




2009年06月27日

紫陽花の花開くシーズン

紫陽花を森に咲かせよう。
この時期 森では紫陽花の花が咲き乱れ綺麗です。
紫陽花もっと増やす計画で最終には5000本位を植えたい計画で挑戦しております。 
現在伊勢原の苗場で生産中2000本位 挿し木で苗づくりしていますが順調に苗が育つか心配です。

二、三年後、には久留里の森で花が咲き皆さんを楽しませてくれると思います。

森の中で咲く(墨田の花火)このアジサイは大きくなるので森に適しています。

PICT0003.JPG

これから花の種類50種位増やしたい キミジィの近所で綺麗な紫陽花を持ってる人 枝をカンパして!!
PICT0101.JPGPICT0108.JPG

PICT0115.JPGPICT0100.JPG

PICT0011.JPG