2017年03月15日

花の舞フェスタ開催準備

二年前、春の約束、両手にパンを抱えて、久留里のどんぐりおばさん(純姫)写真家の宮崎雅子さん馬頭琴美炎さんが遊びに来られ何曲か演奏してくださいました。森の中で聞く(スホーの白い馬)馬頭琴の音玉はまるで、森を駆け抜けて行くような音にも聞こえました。いつか機会を見つけて音楽会が出来るといいね!と話をしました。森の地域の皆様にも美炎さんの馬頭琴をお聞かせしたいと思っておりました。

そんな折にNPOかずさ&みの会の皆さんに森づくりの語り部をする機会を頂き、その後も金曜会や生涯青春会などからも講演依頼を受けました。今回はそうした会の皆様のお力をお借りした、花の舞フェスタとなりました。

a0207593_0563766.jpg

花の舞は菜の花の支部長 書道家の渡辺護先生が書いてくれました。皆さんの支えで花の舞フェスタがいよいよ開催となります。
1488429651961.jpg

孫と馬頭琴奏者 美炎さん

IMG_20150320_145653.jpg

0019.jpg


昨年から池を埋めて車寄せを準備しました。この地域は車が生活には欠かせません今回の協賛頂く会の皆様には交通整理や駐車場整備と大変お世話になります。今回、花の舞フェスタに演奏して頂く皆様にも楽しんで頂きたいと思っております。3月12日の森の停留所ジャズの打ち上げでは音楽ホールから山小屋にボスをはじめ演出家苅込さん今野さんキャサリン(鈴木)さんも花の舞フェスタの準備段階のステージなど確認しました。

DSC_0729.JPG

DSC_0611.JPG

森までの道の整備木の枝や杉の葉など少しづつ整備をしております。


IMG_20170206_141329.jpg
この記事へのコメント
4月の予定がうまく行かず、足を運べないようです。本当に残念です。素晴らしい演奏を聴けず申し訳ございませんと、美炎さんにもよろしくお伝え下さいませ。

いつか、美炎さんには里見を題材にした曲を馬頭琴で奏でて欲しいです。久留里城や滝田城に犬掛、馴染みの深い場所で感じたインスピレーションが形になればいいな。CDになるならライナーノートを書きたいな。そのときに1000年の森で発表されたら、今度こそ馳せ参じたいです。

今回は、申し訳ございません!
Posted by 夢酔藤山(むすいとうざん) at 2017年03月20日 11:32
夢酔藤山さん
残念です又の機会にお越しください!美炎さんには伝えておきますよ!傍までお越しの際は遊びに来てください!
Posted by キミジィ at 2017年03月22日 10:35
別儀にて。
館山の安房高野山妙音院ホームページにて
夢酔作品が読めるようになっております。
こういう作品を書いているのだということを御高覧いただけましたら幸いです。
Posted by 夢酔藤山(むすいとうざん) at 2017年03月28日 06:27
藤山さん
楽しみにブログ見ておりますよ!大河ドラマ期待しておりますよ!
Posted by キミジィ at 2017年03月28日 15:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179101812
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック