2016年12月28日

森も寒さが一段と厳しい季節を迎えました。

蝋梅や寒ボケの花が咲く季節が遣ってきました。今年は蝋梅の花が咲くのが遅れているようです。毎年年末に森から帰る時には蝋梅の花が見送ってくれたのが蕾がまだ固いです。正月には甘い香りが山小屋まで届くでしょう

DSC_0548.JPG

10月、みの会の皆さんと撒いた菜の花の種が密集して芽が出始めました。雪の後に芽がピンク色になっていたので枯れてしまったと思いましたがピンクから緑に変わり始めました。見事な生命力です。春が楽しみになってきました。

DSC_0527.JPG

瑠璃の丘は最初はボケの花や梅の木が植えてありましたが、イノシシに根を掘られ丘の上まで目が届かず枯れてしまい梅の木も何本も枯れてしまいました。その後はイノシシに占領されていました。今年は菜の花を丘全体に捲いてみました。イノシシがそれを知ったか俺の縄張りと言わんばかりに掘り起こして荒らしております。キミジィも荒らさせる事を想定して沢山撒きました。それにしてもイノシシすごい勢いで荒らしております。

DSC_0528 (1).JPG

それにしても驚きです。種を捲いたところを狙ってイノシシが荒らしております。人間に挑戦しているようです。イノシシ戦争ですね!


DSC_0538.JPG

菜の花畑どの様になるか?ここにもイノシシの罠を置かないといけませんね!種を撒いた所を狙って荒らしております。イノシシの無法地帯となっています。この面積を荒らすの大変ですよ!

DSC_0529.JPG

2016年12月27日

久留里1000年の森、春の花見に備えて、ボケの生垣づくり

今年は野外コンサート会場や見学席のベンチづくりに始まり、皆さんがコンサートや花見に見学に来られる事を想定して池を埋めて、車寄せ広場も造りました。池づくりで使用していた石を使いボケの生垣づくりと一年間があっという間に年末を迎えてしまいました。

DSC_0534.JPG


裏門の左側奥に車寄せ広場が出来ました。この付近には蠟梅の花が綺麗に咲くところです。


DSC_0552.JPG

車が70台位止まれる様につくりました。出口は一方通行で帰れるように作りました。丘の上には30台の車寄せがあります。一度に100台来ても心配ないように造りました。実際は10台位で良いかも知れませんよ?今から心配は草刈り作業が大変そうですね!(笑)

DSC_0556.JPG

毎年ボケが成長する度にボケの生け垣が広がります。今年は囲む会の皆さまと、ご近所のメーさんに草取りを何日も助けていただきました。先月囲む会が山吹の植え替えた所を雪や風で倒れた苗木を竹で補強してくれました。来年の山吹が咲く季節は楽しみですね!又、幻想桜の周囲にアジサイが挿し木でメーさんご夫婦が植えてくれました。桜の後はアジサイ楽しみが広がります!



DSC_0532 (1).JPG

2016年12月21日

山小屋の秘密基地で忘年会、富弘美術館、館長 菜の花支部長、会員の皆様との集いがありました。

山小屋の忘年会 富弘美術館の館長を囲みささやかな歓迎忘年会を開催しました。人との出会いは不思議ですね!
花の時期にお会いした御縁で地域の皆様との交流や富弘美術館を囲む会の支部長はじめ会員との出会いで、第二の人生のスタートに立った様な気持すら感じます。一人でコツコツ12年間の歳月を賭け森づくりをして来ました。雑木林のジャングルを無我夢中になり森づくりして過ごした日々が懐かしいと思うようになってきました。失敗したり途中で挫折したり、森づくりは己との闘いでも有りました。あの!ジャングルの森で忘年会を開催するなんて、夢にも想像できませんでした。


DSC_0495.JPG

ウットデッキに電飾LEDを飾り、皆さんに楽しんでいただきました。森に輝く色とりどりのLED光で森を照らし幻想的な森を見て頂きました。森のイノシシはビックリしたでしょうね!来年は試験的にボケが花咲く時期にボケ園の植え込みに光を与えて見るつもりです。一体どんな花景色になるか楽しみにしております。

DSC_0496.JPG

プロのギターリストの奏でる音色は森にも反響して行渡り素晴らしい、皆さんうっとり聞いておりました。禁じられた遊びなんてリクエストしたり楽しいひと時を過ごしました。来春は囲む会の皆様の総会を山小屋で開催も行われます。同時に花見の音楽会も開催する予定です。来年は地域の各会の皆様には秘密基地の園内を開放する様にして行きたいと思っております。春の花見に備え車寄せ広場も完成させて見学者の混乱が起こらない様に努めたいです!



DSC_0499.JPG

2016年12月20日

森の排水路が完成しました。

池を無くし思わぬ被害が出てしまいました。丘から流れる水は以前は池に直接流れ込んでいたので池を失くした為に雨が降る度に園内の通路は水浸しになつてしまいました。森の本管である排す路に流す新たな排水経路を造りました。


DSC_0366.JPG

排水マスを設けて側溝にも丘から流れる水を捕らえる工夫をしたが!次のマスに繋ぐのに設計変更してパイプを使い、マンホールに穴がない所を開けるのに苦労をしました。

DSC_0518 (1).JPG

丘の周りには石積みをした。その上にはアジサイを植えてみました。娘の家のワンちゃんが一番乗りで広場を飛び回って喜んでいました。

DSC_0514.JPG

2016年12月14日

池が車寄広場に変身


当初は池の周りに柵を作るか検討したが、おもいきって埋める事にしました。森には池が無くなりました。幅8メーター長さ35メーター、水深2メーターで親が目を離しているうちに、子供が落ちたら大変です。残念だが埋める事にしました。工事は3か月掛かりました。何匹か鯉と金魚を放していたが夏の日照りの度に池から姿を消しましたが誰かが入れただろうドジョウが取れました。不思議ですね!池を知る人は勿体無いと言いますが事故が起きてからでは手遅れですからね!本当は一番残念なのはキミジィかも知れませんね!


IMG_20150604_175119.jpg

DSC_0478.JPG

今回大活躍したのは二年前に中古で購入したユンボです。森づくりには欠かせぬ機械ですね!森づくり12年間で4代目のユンボです。今年はとうとう初代のミニユンボ壊れてしまいました。


DSC_0487.JPG


今年から仲間入りした軽の四駆ダンプ最初は雑草抜いた処理や剪定の残物処理に一輪車代わりに使う為に購入したが、軽なんてと思っていたが馬鹿に出来ません!反省ですもう少しマシなダンプが欲しくなりました。今回これがなけ業者頼むようでした。因みにこのダンプ21年前の車ですよ!凄い老体です。(笑)


DSC_0496.JPG


路上は違反となるが森では法規はありません!残土1トン位は楽々運びます。二トンダンプを購入するか考えていましたが、これから造るボケの生垣づくりには小回りが効くし軽の四駆ダンプ抜群です!二トンは辞めて正解です!


DSC_0296.JPG

2016年12月13日

車寄せ広場の先が見えてきました。

久留里1000年の森も池が埋まり車寄広場の全容が見えてきました。この場所にはボケの生垣二か所に池などがありましたが取り除き広場に造りかえました。同時に周囲の生垣造りにも手を加えました。広場には排す路を確保して水はけが良くなるように整備もしました。


DSC_0487.JPG

今回の広場づくりで活躍してくれた四駆の軽ダンプ機嫌が悪くなるとストライキを起こすが!仕方ないですね積載500キロなのに2トン近く積んで走るのでエンコするのは当然です。この日は石運びしてくれました。一度もストライキなしで走行してくれました。

DSC_0497.JPG

広場の所々に排水路を確保しました。丘からの絞り水が流れてくるので排水は特に気を使います。

DSC_0478.JPG

丘の石積ですが池に使った大きな石は2トン超える石を使いました。ここまで運んでくるのも大変でした。雨を利用して地面を滑らしやっと、ここまで運び増したが此れから坂を上げて据え付けです。一つの石を据えるのに2時間もかかりました。

DSC_0480.JPG


キミジィはユンボで一人で奮闘して石を積んだが?昔の人は何人がかりでこんな石を運んだのでしょう?家畜の力など借りたのでしょうね!昔の人は知恵があったのでしょうね!石積み苦戦をしております。皆さん森に来たときどの様に据えたか?考えてください?

DSC_0479.JPG

2016年12月08日

久留里1000年の森は、紅葉の季節から寒ボケの花が咲きだしました。

森は紅葉の季節も終わり、寒ボケが咲く季節に入りました。

DSC_0476.JPG

モミジの絨毯が布かれたみたいです。冬の訪れがやってきます。

DSC_0431.JPG

今年の寒ボケ(黒潮)深紅の花が咲きだしました。毎年正月には沢山咲いてくれます。花の少ない季節に咲くボケの花貴重ですね!みなさが褒めてくれるボケの花です。綺麗ですよ!

DSC_0427.JPG

一つの枝から繋がるように咲いてくれました。深紅の寒ボケです。

DSC_0426.JPG


車寄せ広場から新たに石の生け垣を造り春の花見に備えて頑張っております。広場づくりや生け垣づくり一人作業はなかなか進みませんが、体と相談しながら作業をしております。

DSC_0434 (1).JPG

機嫌が良いと大活躍してくれるのですが?今回も沢山積んだからご機嫌斜めで動きません!ポンコツダンプはだめですね!キミジィの身体もボロボロ!ダンプもポンコツ!来週の作業で帰ることにしました。

DSC_0433.JPG

2016年12月07日

木枯らしが舞う冬の訪れ

森もいよいよ冬の訪れですね!蝶舞谷の暗い谷から、吹き上がる風に乗って木の葉がキラキラ金色に輝く、蝶が光に照らされ、飛び交う様な景色は素晴らしい、思わず写真を撮りに戻って来たら、そこには蝶の姿がありませんでしたまるで幻想的な出会いでした。

DSC_0441.JPG

森の紅葉 山小屋が黄金色に染まります。例年には見られない色に染まりました。



DSC_0453.JPG

DSC_0459.JPG

森の木の葉が落ちると冬の訪れです。今年はドングリが不作の様です。イノシシも餌がなく植え木も荒らされ放題です。イノシシもタケノコができる時期まで大変ですね!



DSC_0472.JPG

黄色い葉が落ちると蝋梅の花の季節です。森も蝋梅の香りが漂う季節までもう少しですね!


DSC_0468.JPG

2016年12月03日

森に広場がやって来た。

瑠璃の丘より流れる雨水を排水管で流す事が出来ました。溜枡に溜まった水が排水管を伝わり森の本管に排水路を繋ぐ事に成功しました。この日も途中で雨に会い大変でした。


DSC_0366.JPG


中間で溜枡を設置して雨天対策が出来るようになりました。山は大雨が降るので雨対策は欠かせません!

DSC_0361.JPG

工事中に何回も雨に会い広場はグチャグヤ状態です。秋の長雨や先週の雪に路盤は最悪です!


DSC_0409.JPG


広場を作ると同時に余った土とボケの苗木を移転するのも同時進行です。泥だらけの挑戦で植え終わりました。この場所はアジサイとボケが混在して植えてありました。アジサイは丘に植え替えました。

DSC_0402.JPG

広場の全景が見えて来ました。春まで路盤が固まるといいですね!雨降って地固まるといいますが暫く雨が降らないことを期待します。


DSC_0392.JPG

真夏には雑草退治が大変そうです。草刈りも広いので大変そうですね!


DSC_0389.JPG

2016年12月02日

久留里の喫茶店 ティールームエリーさんに差し入れのお礼に秋を持ってお邪魔しました。

森の紅葉が始まりました。車寄せ広場づくりの合間に紅葉が綺麗なのでパチリ撮りました。
今年の紅葉は雪の降るのが早かった事もあり色づきが今一でした。


DSC_0358.JPG

先週降った雪の重みでしょう?モミジの枝が多く折れていたので、雪が多く振ったようです。大事にしていたブラジル松の先端が折れてしまって残念です。暖かい所で育だつ植物なので雪の重みで折れたのでしょう!


暖かい温暖の地方で生息する南洋で育つ松さぞかし雪には驚いたでしょう!

DSC_0422.JPG

木の先端が無残に折れてしまいました。森に遊びに来る、皆さんが珍しい樹木と眺めていましたが残念です!

DSC_0423.JPG

DSC_0355.JPG

冬の訪れですね!暫くウッドデッキは寒いので春の花見までお休みです。森も寒さが一層う厳しくなります!

DSC_0350.JPG

山小屋も冬の訪れです。蝋梅や寒木瓜が咲くまで暫く花が無く淋しくなります。


DSC_0354.JPG


久留里の喫茶店!ティールームエリーさんが先週富弘美術館を囲む会の皆さまが、山吹の植変えの際に差し入れ下さったので、お礼に紅葉を持ってお邪魔しました。すぐに森を飾ってくれました。素敵な、お店の魅力がいっそう引き立ちました。お客様、秋色を楽しんでくれると良いですね!


DSC_0420.JPG

DSC_0419.JPG