2015年11月27日

久留里1000年の森今年最後の木材の製材


小屋づくり、完成して残すは洗濯場の軒下の延長工事を残すのみとなりました。

ヒノキの角物、五寸角を二本引き割りして材料づくり作りをして次の作業にかかる予定です。製材も中々手ごわいですよ電動鋸もお化けの様な鋸を使います。これが重くて危険な作業なんです。お化け鋸です。手毎が通常に使う鋸です。足でも切りそうですよ!

DSC_1449.JPG

鋸で引いた後はボロイ自動カンナで寸法別にカンナカケです。此のボロカンナよく活躍してくれました。一度キミジィオーバーホールしたけどね!

DSC_1444.JPG

来週は表の洗面台と洗濯機は軒下に入るでしょう!当初の計画とは少々違うが、これで山小屋づくりは完了です。これから森づくり土壌改良や春に備えた植え替えなど目白押しになります。頑張りますよ!!


DSC_1446.JPG

2015年11月26日

久留里1000年の森も寒ボケの咲く季節がやって来ました。

久留里の山里にも、深紅の赤(黒潮)の季節がやってきました。11月から咲き出し4月まで咲いてくれるボケの花です

この花は新潟からお嫁に来た時には放春花の名で森に来ました。中国の地方で春を放す花として名付けているようです。日本名はあまり感心しないメーミングが付けられておりますね。12月後半から正月にかけて花の少ないときに楽しませてくれます。

DSC_1380.JPG

深紅の赤(黒潮)花は、梅の花 ユキヤナギ、河津桜と同時に咲く季節は綺麗です!!

DSC_1375.JPG

ボケの花って面白いですね!この花は毎年4月咲く花で名前は世界一の名が付いている花です。この季節狂い咲きです。ボケていますね!

DSC_1469.JPG

森の入り口付近にクリスマスローズを植えてあるがまだ花は咲きませんこれって12月に咲きましたけど咲く気配はありません、咲いたらアッフしますよ

DSC_1464.JPG

DSC_1465.JPG









2015年11月25日

新たな山小屋の給排水工事が無事終わりました。

森づくり、小屋づくり同時進行しております。

今までロフトにはトイレが無く不便を感じておりましたから、新たな小屋は二階にトイレを作りました。
何もわからず手探り状態の給排水工事でした。


機械が入る所は慎重に配管を探し当ててユンボで途中まで掘ります。その後はスコップで土方です。オイラこれつらいよね!お手伝いしてくれる鉄人さんも腰が悪いし、身体障害者二名の作業です。そう老骨に鞭打ちながらの作業なんです

DSC_1365.JPG

ヤベー腰が悲鳴を上げてるよ、休み休みの作業でした。負けないよ!完成するまではね!

00240001.JPG

お近くの別荘のお友達が応援団でなく監督に来ました。ああでもない、こうでもないと、言いながら工事を進めます。排水の流れる勾配、既存の配管の接続部品、昔から三人寄れば文殊の知恵が出るというが、素晴らしいアイデアが浮かんで来た!


00210005.JPG

ここのV型接続部品を30分もかかるホームセンターまで買い物に行ってくれました。完璧にジョイント作業出来ました。今回の配管作業は侮れませんでした。


DSC_1406.JPG

一か所はフレキを使い完成です。完璧です給排水二か所と排す路二個所ですよ、今回反省する所は先に図面を書き部品調達をあらかじめ決めて置く事でしたね!今回の工事は埋め戻しまで三日間かかってしましました。何はともあれ完成しました。

00250001.JPG

完成です配管が繋がりました。完璧です。あとは水道部品やトイレ器具を備え完成になります。ヤッタネ


DSC_1410.JPG

埋め戻した後に雨が降り出して工事は終わりました。鉄人さん見ておりますか?最後の配管、気になる所はセメンで固めましたよ〜

DSC_1454.JPG

DSC_1453.JPG
















2015年11月19日

久留里1000年の森 山吹山荘と名付けました。


新たに建てた山小屋ですが完成には配管工事を待つばかりになりました。これが困りましたどこに水道が埋設してあるのか排水経路はどこにあるのか?図面がないので手探り状態の工事になりそうです。
今夏の建物は二階にトイレを作りましたから排水工事は大変です。二階に上がる階段も少し急階段ですが無事に出来上がりました。


DSC_1253.JPG

柱は立てない予定でしたが梁が少し垂れたので後付けで丸柱を補強しました。これが結構大変で大工さんと苦戦してコンクリートを壊しなんとか立てました。

DSC_1243.JPG

支え柱は二本立てました。これで二階に何人乗っても崩れる心配はなくなりました。設計士はキミジィですから当てになりませんがまずまずの出来です。

DSC_1244.JPG


新たな建物は山吹回廊を眺める格好の場所に建てました。名前は山吹山荘にしました。手前味噌ですが、蝋梅の花から始まり、さくら、梅、ボケなど山小屋の二階から眺める景色は綺麗だと思います。

DSC_1262.JPG

寒い季節が訪れるとキミジィの後を追いぴーぴー泣いて追いかけてくる可愛い鳥がおります。冬に見られるジュウビタキです。昨年はメスに追いかけられたが今年はオスに好かれています。俺その気はないからね!!

DSC_1127.JPG








2015年11月18日

山小屋付近スズメバチが大きな巣を作りました。


春に女王蜂を沢山駆除したから恨みを買ったようです。イチジュク隣の黄色紅葉の中に巣がありました。皆さんイチジュクを取りにそばまで行って刺されませんでした!!

edited_DSC_1282.jpg

イチジュクの隣に巣がありました。黄色モミジの中に巣があったなんて、この付近にはミカンの消毒に何回も出入りした場所でした。鉄人さん被害がなくてよかったね!真夏にはキミジィがカラス対策に枠を造り水糸を引いて囲い大汗流した場所でもありました。


DSC_1284.JPG

友達から電話があり平塚から石を運んでくれると連絡が入り石積みの作業が始まりました。大型のダンプ三台石を運んでくれました。石とボケの花はお似合いで春には見学する人々の目を楽しませてくれると思います。

DSC_1297.JPG

大きな石は1トン以上あります。据え付けるのも大変でした。少しずつですが皆様の協力もいただき、久留里1000年の森も完成に向かい始動しております。


DSC_1294.JPG

悪戯で石のテーブルをこしらえました。春には皆さん花を見ながらお茶などいかがですか?二か所ばかりテーブルを設置してみました。


DSC_1293.JPG


DSC_1288.JPG
















2015年11月05日

新たな小屋が完成しました。


山小屋で泊まれる人数が増えました。
足場を取り外しお見えしました。山小屋やっと外観は完成しました。次に残るは水回りの工事が始まります。給排水工事です。

DSC_1158.JPG

これから寒くなると水回りの工事も大変です。冬将軍の到来前に完了したいですね!

DSC_1162.JPG

この季節に癒しを与えてくれる小鳥がおります。昨年までユンボの後を追って付いてくるジュウビタキ冬の渡り鳥です。今年は小屋づくりで土弄りしないので窓から部屋の中を覗き込みます。そして窓に体当たりして遊んでおります。癒されますよ!朝は早くから俺の寝床の窓に体当たりして起こします。可愛いよ!

DSC_1169.JPG

DSC_1168.JPG