2015年08月31日

新たな山小屋づくり

いよいよ山小屋づくり本格的に始動開始

建前の後は涼しく作業しやすくはなったが、山の天候は雨続き、おまけに屋根の勾配がキツイ事もあり野地板を張る作業は滑る事もあり安全帯は手放せない、雨が降って濡れでもすれば大変危険です。屋根が貼れるまでは作業が進みません

DSC_0143.JPG

屋根貼りが少しで終わる頃に雨が降り始めて中途半端で作業は中断またも明日に持ち越しになってしまった。

DSC_0141.JPG

山小屋を古民家風に考えて少し、こだわり梁や柱を古民家風にベンガラ塗り黒の塗料で悪戯するつもりで屋根裏は見える様に作ります。

DSC_0137.JPG

昨晩から降り続く雨が強く降っています。屋根に下地を貼り付けたので野地板に雨のシミが着かぬ事を祈ります。野地板には塗料は塗らないのでシミがあると雨漏りしたように見えるからね?

00040006.JPG

雨の合間を見つけて山小屋の外壁板に塗料を塗って見ました。少しは見栄えが良くなりました。


DSC_0074.JPG

ウットデッキと新たな山小屋が繋がります。雨が降っても皆さんが楽しく過ごせるよう屋根ができます。山は雨が多く降るので屋根下を広くつくります。小屋が出来たらいよいよピザ窯づくりが待っています。

DSC_0064.JPG



2015年08月29日

久留里1000年の森に流し素麺がやってきました。

森に流し素麺会場ができました。一族の夏の集いは呼びかける日程が遅れると同時に平日だった事もあり、少ない人数の開催ではあるが、楽しいひと時を過ごしました。

DSC_0169.JPG

麺を茹でるのは無論,窯を使い燃料はマキを燃やし・・・・少し煙いけどね!

DSC_0165.JPG


水は銘仙100選に選ばれた井戸水です。みなさん冷たいを連発、素麺流しに冷たい井戸水が大好評でした。

DSC_0170.JPG


流し台も調理台も大活躍です流し素麺専用に作ったみたいです。

DSC_0183.JPG

皆さんお腹が満杯でハンモックで昼寝、おやすみなさい

DSC_0195.JPG

森は涼しい、みなさん良く眠れましたか?


DSC_0187.JPG



2015年08月24日

蝶舞谷の道づくり

昨日の建前に続き朝から井戸が故障井戸屋に、ダンプは来るし大忙し、山小屋づくりは大工さんにお任せして対応に追われました。

蝶舞谷の道づくり以前道づくり谷の途中までで中断していた道づくり地元の土建屋さんが助っ人で来たので道づくり再開です。しばらく蝶舞谷に足を向けなかったので途中が草ボウボウでダンプが走行不能状態担っていました。ユンボを使い雑草退治、半年ぶりの道づくり、(下の写真を写す前の状態です。)

DSC_0121.JPG

どこが新たな道か判りずらいと思いますが下に向かう道途中まで出来ました。今回は雑草に阻まれ思うように進みませんでした。

DSC_0102.JPG

半年前に完成した女坂は雑草も無く雨に流された気配もないので安心今回の道づくりはスイッチバックする道作りです。一番下までは降りられないが、次回の道づくりの足掛かりをつくり、あとは雑草退治、楢木が雑草に覆われ凄い雑草を退治し楢木の苗木を守りました。


DSC_0093.JPG

道づくりの途中にある「けや木」ですが根を凄く傷つけて昨年は枝が大夫枯れてきたので心配していましたが元気になってくれました。このけや木は崖が崩れるのを支えてくれている道には大切な樹木なんです。

DSC_0115.JPG






2015年08月23日

久留里1000年の森に新たな山小屋が遣って来ました。

小雨が降る森に新たな山小屋が遣って来る。

朝から雨、棟上げまで進むか時より激しい雨が落ちる中、お神酒を挙げて怪我がないよう注意を呼びかけいよいよ小屋づくりスタート、柱が重いのでレッカー車が大活躍昼前には梁も上がり、いよいよ棟上げ、雨が激しく降るので一休み

DSC_0010.JPG

雨には降られたが涼しい、先週までの暑さが嘘のようです。谷から吹き上がる風に肌寒い感じです。午後には雨も上がり作業もスムースに進み棟も上がり、ひと段落やはり森の神様応援してくれました。

DSC_0041.JPG

明日掛ける足場まで組み終わり作業は計画以上に進みました。土台が出来た時は少し狭いと思いましたが屋根が出来ると見栄えが出ました。

DSC_0047.JPG

一階は物置兼用の悪戯小屋で多目的施設二階は宿泊施設にします。二階からはロフトと異なる開放感ある部屋づくりを目指しております。一族の皆さん次回の集まりはお泊りでお越しください!

DSC_0069.JPG



2015年08月17日

夏休み子供や孫が森に遊びに来てくれました。

夏休みで山小屋に子供や孫が遣ってきました。

今年の夏は暑さ続きで、ぐったりはしてませんか?森の桜も水不足でしょうか、このまま雨が降らぬと樹木は枯れるのを恐れて、葉を落とします風が吹くと黄色い葉が落ちて地面は落ち葉でいっぱいです。

DSC_0311.JPG



ウットデッキは谷から時々吹き上がる冷たい風に癒され子供たちはハンモックに揺られ口々に癒される〜よ〜だってワンちゃんまでハンモックがお気に入りになった様子です。読書をしたり、昼寝をしたり皆さん森の森林浴に癒され気持ちよさそうです。

DSC_0303.JPG

キミジィ日陰にハンモック掛けに一役かって大忙し、先ほど吊るした所が日が差し始め、やり直し森の中をウロウロ急がしい

FB_IMG_1439877175499.jpg

夏の集まりに子供用ハンモックを用意しておいたのが、大うけで喜んでくれました。樹木に結び付けお休みタイム

FB_IMG_1439872312122.jpg


この場所はハンモックを吊るすのには特等席なんです。一日中日陰で涼しい、いつもユンボのエンジンが焼けるのでここに置いときます。ユンボをどこかに移動すれば良かったね!森の中の日蔭はどこも涼しい、わいわい、がやがや、楽しいひと時を過ごしました。こんな時の子供たちが喜ぶ様子はたまらんね。次回も遊びに来てください。青竹でそうめん流し大会やるからね!


FB_IMG_1439872227689.jpg


昨晩は焼き肉パーティーでした。ウットデッキで移動式の囲炉裏で皆さんジュウジュウ焼いて、美味しい焼肉に満足しておりました。皆さんが帰ってから一日経っておりますが、炭はついたままヤカンのお湯が熱い炭って長持ちしますね!火の用心ですね!

DSC_0310.JPG






2015年08月12日

久留里1000年の森に悪戯小屋

真夏の暑い時期に森は大忙しで新たな小屋づくり

大工さんと一緒に大汗流し材料の下ごしらい夏は暑いに決まってはいるが、今年は特別な暑さが続きました。水を飲まないと頭が痛くなり、木陰で何回もギブアップ、ハンモックのお世話になりながら建前の準備が整いました。新たな小屋、一階は物置と雨降りでも悪戯ができる作業場で二階は宿泊施設に充てるつもりです。

DSC_0020.JPG



新たな小屋とウットデッキが屋根を作り繋がります。天候に作用されない様に設計しました。後は上棟式を待つばかりお盆が来るのでしばらくお休みです。雨が降るといけないのでシート掛けてお休みです。あまりの暑さに少し建前延ばすことにしました。


DSC_0189.JPG

ウットデッキに据え付けたハンモックには大変世話になりました。谷から吹き上がる冷たい風に癒され昼休みは涼しいので長い時間、サボってました。今年はまだまだ暑い日が続きそうですね!皆様も暑さには充分気を付けてください!
DSC_0186.JPG

このハンモックは引っ張って森の木陰に移動できます。熱射病対策によく使いました。名付けて「どこでもハンモック」なんです。森の中を風と木陰を求めて引きづり回しております.(笑)
DSC_0032.JPG

昼間は暑いが寝る頃には涼しいです。夜中に寒くて窓を閉める様です。森はヒヤッとした空気に変わります。よく言われる森林浴です。窓から入ってくる冷たい風に起こされ思わず、くしゃみ連発、布団をかぶって二度寝をしてます。(笑)

DSC_0168.JPG








2015年08月11日

久留里1000年の森、南高梅の梅干しが里帰り

今年の梅狩りで取れた沢山の梅達が加工食品になって帰って来てくれました。

最後に里帰りしたのが南高梅の梅干です。今年は鉄人さん腰を痛めて梅干しどころでは無いのに頑張り漬けてくれました。
皆さん梅って疲労回復に効果があるって知ってますか?
筋肉の疲労が重なると乳酸という毒素が発生します。乳酸は、疲れ・肩こりや細胞の老化・動脈硬化、生活習慣病などの原因にもなります。梅の酸味成分でもあるクエン酸やリンゴ酸などの有機酸は、糖質の代謝を促し活性化させる働きがあります。筋肉に蓄積された乳酸や疲労物質が燃焼し、新陳代謝が起きて老廃物の蓄積も防いでくれます。梅は、疲労回復、疲れにくい体づくりに役立ち、腰痛や肩こりなどの緩和、老化防止も期待できるのです。鉄人さん梅干したくさん食べて腰痛治し草刈お願いします〜(笑)


DSC_0199.JPG


今年は娘が素晴らしい健康食品を作ってくれました。「久留里の梅味噌」女性が気になる食品です。
梅と味噌の魔法食品
梅の成分クエン酸、ポリフェノール、リンゴ酸、ビタミンE味噌の成分ビタミンEやダイゼイン、サポニンこれらは新陳代謝を促し体内の老廃物の排出を促進してくれます。、むくみの解消、美肌や老化防止、豊富な植物性乳酸菌が腸内環境を整えて、便秘の解消や有害物質の排出にも有効です。「大豆の機能性成分イソフラボンには、乳がんの発生を防ぐ働きがあるため、味噌には乳がんを抑制する効果が認められています。『1日3杯以上の味噌汁』で発症率が40%減るという調査結果もあります。女性にはお勧め品ですね!!

久留里の森では残念ですが販売はしておりません、おすそ分けは終了しました(笑)

received_1644589042451816.jpeg

ワイン煮込み美味しかったです!来年もお願いします

received_1644611602449560.jpeg

received_1644613095782744.jpeg






2015年08月10日

久留里1000年の森に九州地方久留米の植木屋さんからプレゼントを頂きました。

FBの友達久留米の植木屋さんから花の蕾が付いた珍しいニューサイランが届きました。

ニュージーランド原産の半耐寒性常緑多年草です。リュウゼツラン科の植物で寒さに強く、暖地では戸外に植え付けて育てることもできる観葉植物です。1m以上になる長い葉をアクセントに比較的大きな鉢の寄せ植えの素材としても人気があります。ニューサイランは葉から繊維が採れるそうで、地元ではこれで麻が作られるそうです。日本へも元々は繊維を取るために輸入されたようです。キミジィの近くでは伊豆半島で昔から農作物として植えられたようです。今は観葉植物として出回っています。

DSC_0190.JPG

ニューサイラン(Phormium tenax)と同じ属にクッキアヌム(Phormium cookianum)という種類もあり、クッキアヌムの方がカラフルな色をしています。最近ではこれらの交配種の園芸品種がニューサイランとして多く出回っているようです。花も6月から7月頃に、種類によって赤や黄の花が咲き、葉から非常に丈夫な繊維が採れるので、ニュージーランドではこれで麻を作るそうです。そのことから、ニューサイランにはマオラン(真麻蘭)とかニュージーランドアサ(新西蘭麻)といった別名があります。葉から採った繊維からは、織物やマットが作られたり、漁網なども作られるそうです。その他にも、ニューサイランの根は焼いてすり潰して痛み止めのシップ剤にされますし、花茎は筏(いかだ)を固定するロープ変わりに使われます。また花からは蜜が取れるそうです。ニュージーランドでは観賞用としてだけでなく作物としても扱われ、経済を支える重要作物となっている様です。

DSC_0191.JPG

ニューサイランの花は10年一度咲くと言われるほど花は珍しいそうです。今回は貴重な苗をいただきました。十年ほど前に一度花が咲いた株を株分け増やし、今年は株分けした中で五株が開花したそうです。その内の一株を送っていただきました。やはり遺伝子の関係が花にもあるようです。もしかして、この苗毎年花が咲くかもしれませんね?智勝さん丹精込め育てた貴重なニューサイラン親に代わり大事に育てます。有り難うございました。まだ暑い日々が続きそうですね頑張りましょう!
 
最近イノシシ植物を植えると何が目的なのか判らないが直ぐに堀り返すので目が届く所にニューサイラン植えました。
DSC_0204.JPG




2015年08月08日

実りの季節がやってくる。


久留里の森は、桜やボケ、梅の苗木を植えましたが、実の生る木も少しは無いと淋しいと植える事にしたが少し植えて行くもりがついついと、多くなり管理するのも大変になりそうです。今回はカラスよけの水糸を防具用に取り付けました。友達に言わせますとカラスよりヒヨドリのほうが被害をもたらすので、この方法では被害は免れないと言われたが?カラスが見張ってくれないか?(笑)

DSC_0213.JPG


暑い中杭を打って汗かきながら作ったので被害が出ないことを願うが、鳥たちは実るのをじっと待っているでしょうね!

DSC_0193.JPG

カラスは頭がいいから、若しかすると、あの糸に羽が絡んだら危険と思い近づきませんが!ヒヨドリも頭がいいから地面に降りて様子を窺い取りに来るかも知れませんね!
鉄人さん昨年の被害はヒヨドリかもしれませんよ!カラスは糸で撃退できるがヒヨドリはカラスの上を行く研究心が強い頭を持つ奴らしい「ヤバイ奴」(笑)
ヒヨドリ対策はやはり防鳥ネットが一番のようですね、目は1〜3cm程度の小さいものが良いようです、生長する果物の妨げにならないように余裕を持って張り、侵入されるような隙間をネットの間に作らないように張るそして地面の設置面にも隙間ができないように張るこれがポイントのようです。ミカン農家さん苦労しているようです。


DSC_0211.JPG

ヒヨドリの被害を考えるとこの作戦では、難しいかもしれません!昨年イチジュクに網をかけたが間から狙われ根こそぎ持っていかれたのはもしかしてカラスと思ったがヒヨドリかも知れませんね!網を掛けないといけなくなるか考えものですね!!

DSC_0209.JPG










2015年08月07日

久留里1000年の森 果物の季節がやってくる。

久留里1000年の森にぶどう棚

来年を期待しして、ぶどう棚、仕上げに針金を張って完成させました。何年持ちますかね!今回の作業は暑さとの戦いでもありました。

DSC_0184.JPG

ボート固定するつもりでしたが、柱はほぞ組でガッチリしているのでビス止めにして手抜きしました。材料は自然と調和出来るような丸太を使いました。丸太の木組みは初めての経験でした。

DSC_0170.JPG

なんとなく間が抜けておりますが、ブドウがたわわに実ってくれたらぶどう棚に観れると思います。(笑)

DSC_0180.JPG


作業中は汗が流れて止まりません、熱中症にならぬよう水の様なシャワーを浴びて、冷たい飲み物を飲んで一休み、この季節はハンモックに揺られ癒される事が多くなりました。谷から吹き上がる冷たい風に感謝です。

DSC_0187.JPG







2015年08月03日

森の収穫時期に合わせ動物達との戦いが待っております。

森にも果実が色ずく季節が遣って来ます。

ナツメやイチジュク収穫時期に来ました。今年は娘が梅の実を色々調理してくれたので森からの恵みを美味しくいただきました。イチジュクや夏目も調理してくれると楽しみにしているが?
今年のイチジュクは剪定や肥料が効いたか多くなりました。楽しみですね!!これってワイン煮込みでいただくと美味しいね!

不老長寿の実イチジュク
美味しくて体にいい成分が豊富です。ビタミンB1、B2、C、カルシウムの他、食物繊維が大変多いことから、便秘、下痢、高血圧、痔、二日酔いによいとされています。
酵素が多いので血をきれいにし、胃腸病にも効能があり炎症にも良いといわれています。

DSC_0135.JPG


ナツメは今年初めて実りました。購入した時には細い苗の枝に大実ナツメと書かれたいました。これって大実か初めて見るので解りません


古来より中国では桃や李、杏、栗と共に「五果」として数えられ、とても珍重されてきた果実です。中でもなつめは栄養が豊富で、「1日3個ナツメを食べれば歳を取らない」と言われるほど、老化防止、美肌効果にすぐれています。秋はなつめの実がなる季節で、生で食べることもできます。リンゴのような食感と甘酸っぱい味が特徴です。又干しナツメは中国や韓国では古くから効用が見出され、薬膳料理に用いられています。乾燥させたナツメの実は大棗(タイソウ)と呼ばれる漢方薬で強壮・鎮痛・補血・利尿といった効能があるとされています。

DSC_0153.JPG

秋には栗や柿などが実ってくれます。森も実物が育ち楽しくなって来ました。来年はブドウも育つと思います。その分森の動物たちとの戦いも有るでしょうね!

DSC_0149.JPG

湘南ゴールドの実を三本の苗から実を摘果しました。まだ若い苗なので木の育成を考えました。

DSC_0121.JPG

来年は摘果しませんよ!!大きくなるのが楽しみですね!!


DSC_0133.JPG

今年は温州ミカン元気に実っております。昨年は不作で生りませんでした。バランスよく実もついているので摘果しません!美味しいミカンが食べられるでしょう!

DSC_0136.JPGDSC_0137.JPG















2015年08月01日

新たな山小屋の建前もう少し

久留里の森に新たな山小屋づくり

建前の前に折角刻んだ材木が雨に打たれて大変でした。大工さんが用事で出かけている留守に大雨、この日は朝から日差しが強く、昨日の続きのブドウ棚づくりをしていたが、午後になり辺りが暗くなったと思った時に大粒の雨、材木にシートを掛けが、間に合わず、雨に材木がずぶ濡れ状態になってしまいました。建前に支障がなければ良いが気に掛かります。

00040001.JPG

凄い滝のような大粒の雨しばらく様子見です。ぶどう棚の柱は無事か気に掛かるが仕方ない自然界の営みには敵いませんからね!

DSC_0074.JPG


雨が止んでから朝からの続きの葡萄棚づくり本来は竹で上掛けしたかったが垂木で我慢して
組み付け作業をしました。次回は針金や板材で補強して完成です。この場所はバーベキュー会場の炊事場で少し建て増しするつもりです。夏の暑いときに炊事場が炎天下では様になりませんからね!!



DSC_0114.JPG



来年はブドウの実が生るか楽しみが増えました。第一バーベキュー会場に葡萄棚ができると木陰が出来、夏の集まりも楽しさを増して呉れるでしょう!来年はイチジュクやブドウ狩りしてバーベキューなんていかがですか、楽しみが増えてゆきますよ!

DSC_0109.JPG