2013年10月28日

戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す。運動ご存知ですか。

久留里1000年の森

戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ」推進を応援します。


夢酔藤山さんブログを久しぶりで眺めるとお元気そうで何よりコメントの中で「歴史読本12月号」の「誘致活動紹介・大河ドラマを我が街へ」で、なんと、里見氏が取り上げられました。とありました。館山の実行委員会の皆様ご活躍ぶりが、お伺いできました。夢酔藤山さん頑張って下さい。

キミジィからのお願いです。夢酔藤山さん大河ドラマ戦国里見氏の原作者であります。応援よろしく実行委員会で署名活動もしております。ブログ開いてくださいね!
http://musuitouzan.blog.fc2.com/blog-entry-68.html


久留里城天守閣から街並みを望む、戦国武将 里見義尭の居城、里見氏が房総半島で最も隆盛を極めた時代のお城です。現在では水の都、平成100選に選ばれる程の美味しい水が戴ける地域で有名です。

P1020570.JPG


久留里1000年の森に狼煙台、以前、森の近隣の長老の話で戦国時代に使われた狼煙台と教えられた。崖の上に大きな洞窟があり天井は黒々煙に燻された後が残っておりました。いい伝いによると北条氏が使った狼煙台と言っていました。歴史の上では確か北条氏と里見氏が、この地域で向郷合戦やら久留里城合戦があり里見氏や北条氏の戦場など、戦国乱世にまつわる、歴史的に取って考え深い土地であります。

P1090585.JPG

歴史に興味ある人に森の狼煙台跡地に案内しますよ〜この道の先に有ります。訪ねた時のお楽しみですね!夏場は樹木や雑草が生い茂りる、森づくりの終着点に当たる所にあたりに有ります。

1366281029380.jpg

2013年10月24日

房総半島、久留里1000年の森に山小屋造り

久留里1000年の森にも台風被害


今回の台風26号により

伊豆大島で土石流、甚大な被害の犠牲になられた多くの皆様には心より謹んでお悔やみ申し上げます。

1日も早い復興をお祈り申し上げます。


今回の26号、台風被害は房総半島一帯にも大きな被害を齎せ、久留里地方でも小糸川の氾濫や各地で大雨の影響による土砂崩れで車の通行止めや、今だ交通不能となった久留里線など、大きな被害が起きました。この台風被害は久留里1000年の森にも、大きな被害が発生しました。蝶舞谷に向かう坂道が大雨被害で崩れ手の付けられない状態になっております。この後、台風や大雨を考慮しながら改善策を講ずる事にしました

台風の前に始めた山小屋造り屋根の下地造りから挑戦です。山小屋らしくと恰好ばかり気に掛け、自分で作業するのも忘れ、急こう配の設計でお手上げ状態です。一人で小屋づくり挑戦と思ったが、命あっての森づくり、あきらめて、屋根だけは、大工の棟梁と二人で作業する事にしました。キミジィは手元だけどね(笑)オマケに棟梁の奥さんまで助っ人してくれました。

DSC_0023.jpg

ロフトの天井を山小屋らしくするために角材の二つ張り厚さ五センチ幅10センチの材料を野地板代わりに使いました。カンナ掛けは、山の鉄人が助っ人で190枚の材料を仕上げてくれました。鉄人さんは生まれて「初めてカンナ掛けに挑戦してくれました。キミジィ人使い荒いからね!御免、この材料で断熱代わりに成るし、山小屋、風のロフトの天井は完成となります。大工さんも傾斜はきついし、材料は重いし大変です。キミジィも手元頑張るから我慢しててね


DSC_0035.jpg

片屋根の野地板が終わって大工さん夫妻が一休み、山小屋の完成に一歩近づきました。次の台風が来ない内に仕上げたいですネ!次の台風が通過したら、蝶舞谷の土砂崩れ対策やら、植木の植え替え、剪定作業など沢山の仕事が待っておりますが、屋根が完成すれば、、天候に左右されず小屋づくり出来るので、森に足が向け易くなります。

DSC_0030.jpg



屋根が出来れば、後はキミジィが一人でボチボチ羽目張り仕事です。春には完成できるか,楽しみが又できました。春の花見には親族を呼んでお花見したいので、外側だけでも仕上げたいですネ!内装は何時できるか?そう囲炉裏も造りたいね!まあ〜焦らずボチボチ行きますか!


DSC_0044.jpg


森は湿度も有り瓦類ではコケなど生えやすいので屋根に張る材料は馴染みは薄いがガルバリウムでお願いしました。これも専門家にお願いしました。
ガルバリウム鋼板は高い防食性を活かして、建物の外壁や屋根の材料、あるいは雨樋・ ベランダまわりなどの各種建築材料として近年使用が増加している。同じ耐食鋼材として 広く使用されているようです。


DSC_0040.jpg


ロフトには5〜6人は泊まれますよ〜いよいよ猪鍋を囲み一杯やる日が楽しみです。それにしても最近イノシシ昼間から歩き回り森を荒らすが、今の内だよ〜食べちゃうぞ〜山小屋の後はイノシシの檻造りですネ!竿健さんもう少し待って下さいね!それと電気工事お願いするからね!


DSC_0042.jpg

2013年10月12日

山の鉄人大活躍で驚きです。

久留里の森にも秋の訪れ、ボケにお礼の堆肥を遣る事にしました。

今回の肥料を与える計画は山の鉄人から提案があり、与えることにしました。思えば最近、肥料らしき物は与えていませんでした。森づくりに追われ一人では肥料まで考えが及ばなかった事が正直な所です。

DSC_0017 (1).jpg

森づくりに救世主、山の鉄人現れる


今年の木瓜周辺に生えた雑草は鉄人がボランティアで綺麗に退治してくれました。今年の森づくりは池づくりや蝶舞谷に降る道造りなど、森づくりに欠かせぬ作業が目白押しでした。そんな時に夏の暑い中、早朝より森づくりに近くにお住いの鉄人さんに大活躍して戴きました。感謝いたしております。森のボケ達もきっと春には綺麗な花を咲かせて鉄人さんにお礼してくれると思います。

DSC_0026 (1).jpg


久留里の森も気が付かない内に、ボケの苗木も大きくなり、桜の樹木の影となり、ボケも植え替え時期に来ておりました、この秋に植え替えたが途中で雨が降り退散したがその後に鉄人のパーワーで、なんらく土も整地され、植え替えも無事終わりました。ここも大活躍戴き助かりました。これからも痛い腰を引きずり、お爺 同士仲良く楽しく森づくり進めて行きたいです。鉄人さんこれからもお付き合いよろしくネ!

DSC_0015 (1).jpg

2013年10月09日

山小屋造りの材料が遣って来ました。

久留里1000年の森、山小屋造りの構想が現実になって来ました。

三年前に支援隊の隊長に預かって戴いた山小屋造りの材料が、森に届きました。先ずは材料とご対面です。材木を購入する前に会社で余った鉄骨材料を利用して骨組みを作ったので、鉄材と木材を如何に合わせて造るのか?一苦労です。この木材で鉄骨にどう取り付けるか?思案した一日になりました。取り敢えず、この場所に保管しました。

DSC_0017 (1).jpg


この材料は屋根材や床材の材料、まだこれから床材や羽目材が運ばれてきます。輸送に手間が掛かるので一度に運び込んで来る事にしました

DSC_0003 (1).jpg


角材は小屋以外に野外の椅子づくりやテーブル造り用、ロッチ材料に使うので、多く有ります。まだ山小屋も出来ないのに、こんなに運び込んで腐らないと良いのですが?早く小屋や森の施設を作らないといけませんネ!!


DSC_0004.jpg


取り敢えずシートで湿気が来ないように床にもシート敷き閉めました。その内この材料で下小屋づくりが必要ですネ!!


DSC_0002.jpg


材木が運び終わると、山小屋と同じ面積以上の材料になりました。本当に、この材料使い終わるか心配に成って来ました。

DSC_0013 (1).jpg


この場所にも保管しました。いつ出来上がるか判りませんが楽しみが増えました。鉄人さん材木が腐らない内に露天風呂の屋根を造りたいですネ!来週、辺りから屋根材のカンナ削り始めますよ〜

DSC_0011 (1).jpg


材木運びの手伝いやシート掛けで疲れたが、ボケの剪定作業をやり残したので暗くなるまで作業して帰る事にしました。いよいよ本番山小屋造り頑張るぞ!森づくりで汗を流した山の仲間と酒を酌み交わし山小屋で猪鍋でもキジ鍋でも囲み「わいわい」、「がやがや」楽しい語らいしたいものですネ!

DSC_0014.jpg

2013年10月05日

伊勢原の苗場より

久留里1000年の森に向かう伊勢原の苗場


久留里の森で育てた、ボケの枝を伊勢原に持ち帰り、挿し木した枝が5年目を迎え今年こそは森に嫁入りと待っているが、夏場の管理に手が届かず雑草に阻まれこんな状態になっております。今年こそは嫁に出したいです。鉄人さん見ておりますか?まだ此処のボケは1000本位鉢に埋まっております。どこに植えるか思案しております。取敢えず幻想桜周辺に植えますか?


DSC_0033.jpg



今年になり3回ほど鉢から草取りしたが夏場雑草の猛いに負けました。今年は夏に山小屋の骨組み造りに追われ、水やりだけの管理になり喜ぶのは雑草だけでした。水をやらないとボケが枯れる。水をやると雑草が大繁殖する繰り返しが続きました。お手上げでした。傍に近づくとボケはしっかり息づき森に嫁に行くのをじっと耐えて居ます。

DSC_0031.jpg



雑草は鉢と鉢の間から伸び、木瓜を覆い被せているので中のボケは意外と被害が無いようです。今年は鉢の泥を取り去り、根のままダンボールにでも詰め込み森に運ぶ予定でおります。鉢で森に行くと、ここの雑草を運んでしまうので根のまま運ぶ方が良さそうです。


DSC_0038.jpg




2013年10月04日

森も秋を迎え大忙しの季節になりました。

久留里1000年の森づくり、いよいよ秋の訪れを迎え大忙し


来週早々に小屋づくりの材料を運びますよ〜支援隊長から連絡を戴きました。二年前に小屋の材木を預かって戴き、今回やっと材料を使う事になりました。隊長にはいつも我儘なお願いをしてしまい申し訳ないと思っております。今週は大工道具をあれこれネットで探し求めております。あの材料で屋根を拭きこの材木で床を造りな〜て考えておりました。それもいよいよ本格的に小屋づくり、することに成って来ました。森づくり冬に向かい大忙しですが一つまた楽しみが増えました。

DSC_0012.jpg



今年は以前から計画したボケの植え替えや桜や梅の植え替えなどと合わせ、今まで造った丘の上からボケの移動作業、いよいよ秋の訪れを迎えボケ庭園全体の仕上げ段階に来ました。


DSC_0019.jpg


彼岸花が咲くこの場所も休憩広場にする計画で、桜やアジサイの移動が待ってます。夏場にはこの場所は杉林から爽やかな風が吹き上げて心地よい昼はここで昼食を取っております。これからの季節植木の植え替えには最適なシーズンで一時の間は、森づくり大忙しなんです。

DSC_0005.jpg


今年夏場に楢木を移動したいと思っていましたが、夏場で、移動時期が悪いので中断し樹木が冬眠に入る時期に移動する事にしました。何しろ設計図から造園工程表がキミジィの頭の中に有るので、この季節はおのれに追い捲られております。(笑)

DSC_0322.jpg

2013年10月02日

ボケを植え替える季節が遣って来ました。

久留里1000年の森づくり ボケの植え替え季節が遣って来ました。


昨年の夏にボケを移す場所を造り、秋には移動する計画でいましたが、雑草退治に追われ、植え替え時期を過ぎてしまいました。ボケは大変強い植物ですが植え替え時期10月〜11月に植え替えを怠るとガンリュウ根が発生して、やがて枯れてしまうのです。それ以外は手の掛からない植物でもあります。
今回は植え替えと伸びた枝の剪定作業を兼ねて300本ほどを移動したり剪定作業をしました。


DSC_0013.jpg



昨日の植え替え作業は計画した所を全部、掘り起し翌日雨だと予想したので、何とか間に合わせる為に全力を尽くし頑張りました。夕方になったら足がガクガク笑っておりました。ボケの植え替えの後には水やりが必要などで夢中で頑張りました。翌日は雨で良かったが、土の仕上げは雨の後ぐちゃぐちゃで出来ない残念だが仕方なしに剪定作業に切り替えました。次回に仕上げたいと思っております。


DSC_0021.jpg



今回の作業は左側を植え替えました。以前は全体に日が差し込んでいましたが、桜や梅が大きくなり日陰となりボケは太陽の光を好むので、日の当たるところに移動しました。右側は剪定作業でしたが朝から雨が降り昼頃には本降り雨足が厳しいので風邪をひくといけないので終了しました。


DSC_0025.jpg

木瓜の剪定について、

ボケの剪定の適期は10,11月。厳寒期になる前に毎年剪定が必要です。まず、根元から出ている細い枝(ひこばえ)を根元から切り、親枝保護と風通しを良くして、枯れ枝や細い枝も、分岐点のすぐ上で切りましょう。 さらに他の枝を邪魔するような方向に伸びている枝も根元から切って、株全体のバランスを整えましょう。ボケの花は枝の先ではなくて、1年前の春に伸びた枝の基部や古い短い枝などにつきます。 葉芽は逆に枝先につきます。 花芽は葉芽よりも丸みを帯びているので、良く見るとわかります。 花芽の上の葉芽を2,3芽残して剪定します。 葉芽を残さないと、枝枯れが招じる時がありますから注意が必要に成ります。


ボケの植え替えの注意

根に癌腫病 この病原菌は高温期に活発に活動をする事もあって、植え替をおこなう土壌から根に感染する病気であります。植え時期はウィルスの活動を和らげた、季節10〜11月頃に植え替えの最適な時期となります。植え替え時に病害部分を見つけたら、その部分をすべて、ハサミで切り落とし、切り口をストレプトマイシン剤に浸してから植えつけます。すぐに枯れることはありませんが、樹勢が衰え、他の根にも感染するおそれがあります。今回の植え替えでも幾つかのガンリュウ根を見つけましたが切除して取り除きました。


森の仲間入りした。東京のマンションのベランダで育てた、彼岸花が今年も咲き出しました。

奥野さん 見ておりますか?昨年ヒ ガンバナの球根を移してくれた花が綺麗に咲き出しました。白い彼岸花は咲きませんでした。来年あたり咲くかもしれないですネ!球根も来年には移動の時期ですネ!!また森に来て移動お願いしますよ〜毎年増える彼岸花楽しみになって来ましたよ〜来年は山小屋に泊りがけで遊びに来てください楽しみにお待ちしております。又、ブログ見ている皆さん、こんな植物が沢山育てたいなんってお思いの方がいらしゃいましたら是非森に来て増やしてください場所は確保しますよ〜!



DSC_0012.jpg